初めての方へ
首・肩の症状 肘・手の症状 腰の症状 膝の症状 足の症状 股の症状
詳細
 
午前 -
午後 - -

午前 09:00-12:30
午後 15:00-19:00
▲土曜日の診療は9:00-13:30
休診日 : 日曜・祝日

詳細
 

〒165-0025
東京都中野区沼袋1-7-14
西武沼袋医院ビル3・4階

・西武新宿線「沼袋駅」徒歩1分

くまくぼ整形外科のホスピタページ

変形性股関節症

原因

変形性股関節症とは、股関節の形の異常が原因で、長い間に股関節の形が変形していく病気です。
明らかな原因がなく加齢に伴う一次性と、何らかの原因で生じる二次性があります。二次性の約90%以上が二次性の先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全によるものが原因で、圧倒的に女性に多いという特徴があります。

症状

変形の初期には脚の付け根や臀部(でんぶ)、膝の上部のこわばりや重い感じがあり、歩き始めや長時間の歩行、階段の昇降で痛みが起こります。腰からのいわゆる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)や変形性膝関節症に症状が似ている場合があります。初期でも炎症が強く関節液がたまっていたり、関節唇(しん)が損傷されていたりする場合には比較的に強い痛みがあります。
変形が進行し進行期から末期になるにつれ、動きが制限されて痛みも強くなり、筋力も低下してきます。長距離の歩行や階段の昇降、しゃがみ立ちが困難になるなど徐々に日常生活が制限されてきます。

治療

保存的治療として痛みに対して体重のコントロールや安静、杖の使用、温熱療法などの理学療法、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用います。また股関節周囲の筋力トレーニングも有効です。股関節の重度の変形があり、日常生活に支障がある場合には、人工股関節手術が行われます。