メインビジュアル

中野区沼袋駅前 くまくぼ整形外科|往診 鍼 マッサージ リハビリ

〒165-0025 東京都中野区沼袋1-7-14西武沼袋医院ビル3・4階

お問い合わせ03-5380-8870

MENU

腰の症状 waist

腰の症状について

腰椎椎間板ヘルニア

原因

日常的な動作の中では、中腰で重い物を持ったり運んだり、腰を強くひねる、長時間の座り仕事や運転の動作などです。
他に椎間板の老化、骨の老化、姿勢の悪さからくる背骨・骨盤の歪みなどが挙げられます。

 

症状

立ってる姿勢や、椅子に座っているのも辛くなったり、前かがみの姿勢で痛みが強くなったりします。また、歩くと腰が痛くなり、下肢の感覚が低下します。片側の下肢痛、臀部から足にかけて激痛が発生することが多く、せきやくしゃみでも激痛がおこるようになります。
ヘルニアが巨大な場合、両側に症状が出ることがあります。

 

治療

まず、痛みが発生したら体を動かさずに安静にすることが第一です。楽な姿勢で横になったり、コルセットをつけたりします。また、炎症をおさえる消炎鎮痛剤を服用します。薬が効かない場合は、仙骨ブロックや腰部硬膜外ブロック等の注射をします。
これらの治療で経過が思わしくない時には手術が行われます。

 

 

坐骨神経痛

原因

「坐骨神経痛」とは、病名ではなく、神経痛の一種である症状名のことをいいます。主な原因として言われるのが、腰部の椎間板の神経を圧迫されることで起こる腰椎椎間板ヘルニアです。他に腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性腰椎症等が挙げられます。

 

症状

坐骨神経痛は、坐骨神経においての神経痛で、腰や腎部(尻)・太もも・ふくらはぎや足先に痛みやしびれ、強い張りなどの症状がでます。

 

治療

身体・特に腰部に負担をかけないように、正しい姿勢を日常生活で心がけます。薬物治療としては、痛みやしびれを抑える非ステロイド性消炎鎮痛剤の飲み薬や座薬が使われます。また、コルセットを装着したり、温熱療法としてホットパックや極超短波で痛みを和らげたり、即効性のある治療法としてブロック注射を打ったりします。

 

 

TOP